夢を実現させるべく!

大切なカリキュラムの実習体験

看護師になる夢を叶えるためには、まず看護師としてふさわしい知識と技術を身につけるのが先決です。多くの場合、看護学校に入学して基本的なノウハウを学ぶことになります。看護学校で学ぶことになる学習内容として、基礎分野があります。看護師として知っておきたい基本となる知識であり、哲学や論理学、国際文化論などのテーマが学習内容です。また、医療技術者の一員である看護師は、専門基礎分野として解剖生理学や薬理学など医療知識を学ぶことになります。
さらに、看護師の夢を叶えるために避けられないカリキュラムであるのが、実習です。看護学校では、実習を通して看護のノウハウを自らの経験として習得します。たとえ高度な看護の知識があったとしても、実際に患者さんや高齢者のケアを行うには経験が不可欠です。具体的な看護業務の実体験がなければ、病院や診療所などの医療施設で勤めることになったとしても、戦力としての活躍は難しいでしょう。
看護学校での実習は、実際に入院中の患者さんのケアなどを行うため、緊張感があります。しかし看護学校の実習で身につけた経験は、将来看護師の夢が叶って勤めるようになった際に大きな支えになります。また、看護学校を卒業後、さらに専門的な看護の知識や技術を身につけたいのであれば、看護大学院に進学する道も選べます。看護師になる道も多様な選択肢があり、看護学校への進学前には将来の進路を良く見定める必要があります。